« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

ステキ 水惑星年代記

まえまえから素晴らしい漫画だと思いブログに書こうと思っていた大石まさる先生の「水惑星年代記シリーズ」。なんと6巻で一応の最終巻ということで、まとめみたいな内容となってしまいました。初の単行本である「空から〜略」、最近A5サイズに再編集された「みずいろ」、「りんりんDAYシリーズ」「泥棒猫」「ピピンとピント」など心温まる大石ワールドを描いてきた作品たちの中でも、初単行本の「空から〜略」の世界観を引き継ぎで幅も奥行きも増した「水惑星年代記」は大石作品の代表作ではないかと思います。私個人的には漫画史に残して欲しい作品だと思っています。昨今の漫画やアニメは快楽的娯楽傾向が強まり、エロス&バイオレンスぅのような傾向の作品が増えてきています。たしかに面白いのですが、心に残りません。ですが「水惑星年代記」には自分が子供の頃に見ていた未来への夢が今も鮮やかに描かれていたのです。現実にはいろいろ行き詰まりつつある感もある地球環境や社会ですが、未来を信じられる夢がある限りは大丈夫な気がします。それを思い出させてくれるのが私にとっての「水惑星年代記」でした。何年後かにはSFではない科学技術が確立されて時代に遅れた内容になるかもしれませんが、人間が未来を夢見る姿勢は色あせないと思います。ちょっと大げさな言い振りになってしまいましたが、ぜひ読んでもらいたい作品です。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

お気に入り店発見。

Jpg 昨日、仕事で出かけた国道354線沿いでお昼に美味しいラーメンを食べました。以前「土佐ジローラーメン はりまや」があった所なのですが、移転したのか閉店したのか解りませんがしばらく空き店舗だった所です。そのお店は「活力豚骨ラーメン 大成屋」。昨日食べる前に一度上司と一緒に入って食べていて美味しかったので、昨日は改めて基本となる「活力豚骨醤油ラーメン」を食べました。しっかりとしたトンコツのエキス感を感じるスープは美味しかったです。最近のトンコツのスープは臭みも少なくてまさに食べると元気が湧く感じですね。乗ってる具はチャーシュー、メンマ、海苔、ワカメ、薬味ネギ。特徴的なのはおっきなメンマですね。穂先のメンマそのまんまのような感じでやわらかく美味いです。コリコリとした歯ごたえのあるメンマも好きですが、こういうお店の特徴ともいえる形でメンマを使うのはイイですね。やわらかいメンマがスープと絡んで美味しく、記憶に残ります。個人的には味の相乗効果の高い「魚豚骨」が好きです。
量は普通でもお腹いっぱいになりますが、大成屋のスゴイところは並も中盛も大盛りも同一料金という所です。若い人には嬉しい配慮です。
茹で餃子なるものもありました。美味しかったですが、ラーメン自体が濃度のある味メインなので、棒々鶏ソースよりは普通の餃子ダレのようなアッサリ味でもいいような気はしました。
店主さ、ん店員さん、お店の雰囲気もよくて、また立ち寄りたい一軒です。Img326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

ZIPPO HANDY WARMER 買いました

だんだん寒さが厳しくなってくるこの頃。今週半ばから最低気温も10度を下回るということらしいので前々から気になっていたZIPPOのハンディウォーマーを買ってきました。タバコをすうわけでもないのに一緒にライターまで買う始末。(購入欲の勢いに弱いんだなオレ)
Dscn0802
ぶっちゃけて言うと「白金カイロ」です。気化するオイルとプラチナが反応して発熱するということです。反応を起こさせるのに最初にプラチナ触媒を火で暖めることが必要なのです。蹉跌の酸化熱を利用する使い捨てカイロも安価に出ているのですが、最近使い捨てるという行為に何気なく抵抗感が出てきていた事もあり購入に踏み切ったという感です。カイロへの愛着も湧くこともありますが、使い捨てカイロのように熱くなりすぎることは無いようです。とはいえずっと同じところにあてたままだと低温火傷する可能性もありますが…
Dscn0803
長く使えば使い捨てカイロよりは経済的な気もします。注油量を調整すれば発熱時間も制御できそうな感じがするのでこの冬試しながら使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

G3

Dscn0792 今日はEMIA G3ガンダムについて書こうかと思います。基本はアニメのガンダムで育った世代ですからアノ3色カラーが嫌いというわけではありませんが、より兵器らしいイメージのカラーでのガンダムはカッコイイものです。どうしてもアニメの基本の設定で誕生するメカは原色のわかり易い彩色をされてしまう宿命があります。ガンダムはいまだにその呪縛を受け続けている作品ですね。もちろんその色合いでガンダムらしさを表しているのですが…。
さて、以前買ったEMIAのガンダムは甥っ子に持たせてしまったのでいずれEMIAガンダムを買い直さねばと思っていたところにG3のリリース。ナイスタイミングです。むしろコッチのカラーのが欲しかったよ。

オプションの差はバズーカが2丁になったかわりにハンマー系統が無くなりました。チェーンパーツのハンマーが無くなったのは少し残念ですが、両手にバズーカはかなりカッコイイ。使い終わったら放棄してライフル持ち替えとイメージするだけでカッコイイです。
Dscn0788_2 Dscn0789

種~○○にかけて大出力兵装が羽のように付属している姿にうんざりに私には平成G世代にモビルスーツとはこうありたいと声を大にして言いたいです。大河原デザインから時を経て熟成されてきたRX-78は今のガンダムには無い兵器としてのカッコ良さがありますね。

Dscn0791
リアル兵器っぽさではボトムズとかガサラギとかのほうが優れてますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »