« お気に入り店発見。 | トップページ | 2008年度末愛車出費 »

2008年11月29日 (土)

ステキ 水惑星年代記

まえまえから素晴らしい漫画だと思いブログに書こうと思っていた大石まさる先生の「水惑星年代記シリーズ」。なんと6巻で一応の最終巻ということで、まとめみたいな内容となってしまいました。初の単行本である「空から〜略」、最近A5サイズに再編集された「みずいろ」、「りんりんDAYシリーズ」「泥棒猫」「ピピンとピント」など心温まる大石ワールドを描いてきた作品たちの中でも、初単行本の「空から〜略」の世界観を引き継ぎで幅も奥行きも増した「水惑星年代記」は大石作品の代表作ではないかと思います。私個人的には漫画史に残して欲しい作品だと思っています。昨今の漫画やアニメは快楽的娯楽傾向が強まり、エロス&バイオレンスぅのような傾向の作品が増えてきています。たしかに面白いのですが、心に残りません。ですが「水惑星年代記」には自分が子供の頃に見ていた未来への夢が今も鮮やかに描かれていたのです。現実にはいろいろ行き詰まりつつある感もある地球環境や社会ですが、未来を信じられる夢がある限りは大丈夫な気がします。それを思い出させてくれるのが私にとっての「水惑星年代記」でした。何年後かにはSFではない科学技術が確立されて時代に遅れた内容になるかもしれませんが、人間が未来を夢見る姿勢は色あせないと思います。ちょっと大げさな言い振りになってしまいましたが、ぜひ読んでもらいたい作品です。Photo

|

« お気に入り店発見。 | トップページ | 2008年度末愛車出費 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステキ 水惑星年代記:

« お気に入り店発見。 | トップページ | 2008年度末愛車出費 »