« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

作ぜぇーっっっっっつ

Dscn1853 最近、挑戦している日本酒に注目中です。あの「作」に見た目挑戦的なボトルで「Z」がでました。酒屋さんで最後の1本をゲット! ワインボトルを思わせるその瓶のシルエットに日本酒かと疑ってしまうZのイニシャル。対角にゼットと認識させるために入っている銀の斜めのライン。格好良い。普段の作からは想像出来ない見た目です。肝心の味は、「む。いままでの作よりもフルーティ感は抑えられているが逆に日本酒らしさが際立ってる」て感じがしました。トロリと舌の上を流れ、お酒の味を感じたあとの喉を過ぎるキレのよさは、以前の作と比べるとまるで刀のキレ味のようです。ボトルを見ていると銀のラインはそんなイメージなのかなと思ってしまうぐらいです。そして口の中を席巻するお酒感、酔わないでどうするって感じでした。ウマーDscn1852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

DC-HC1とアマレコで録画

Dscn1851 現在、ケーブルテレビで見ていて興味ある番組などはHDD内蔵STBなどに録画してある私なのだか、いずれケーブルテレビ視聴を止めるなり、STBが壊れたりすれば録画してある番組も見れなくなるなぁ等と考えたらキャプチャーしておきたいなどと考え始めてキャプチャーとはなんぞやとかまるっきりわからない素人状態でドリキャプのDC-HC1なんてものを買ってしまいました。とりあえず価格が安かったのが買った動機です。「VIPで初心者がゲーム実況するには@wiki」「あまラボ」などを参考にして、アマレコTVやコーデック類をダウンロード。とりあえず、キャプっておきたい番組をアマレコで録画してみる。55分の番組が200GB弱なんてファイルサイズで出来上がりました。動画についてまだ不勉強なので簡単なインターフェースのニコエンコの手動変換でAVIをMP4にエンコード。
6corefull いままでPhenom2×6の6コアが全開で働いているところなんて見た事なかったけど、この時初めて6コアがほぼ100%で動いているのを見ましたよ。こんなに全開で働かせたことなんてなかったから、ちょっと心配になっちゃいましたよ。熱暴走とか燃えないか?とか。とりあえずCPUフル稼働で1時間40分くらいでエンコードが終わりました。ファイルサイズは549MBまで圧縮されました。
Cap_shot ちなみに1分18秒のアイマスのオープニングCHANGE!!!!は録画時aviで1.96GBでしたがニコエンコでMP4変換したら54.9MBまでサイズダウンできました。Fileencsize_2
もっと設定がいじれるエンコーダーを使えばファイルのコンパクト化も可能なんでしょうねぇ。勉強しなきゃいけませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

発泡酒で黒かぁ

月も末あたりになると財政的に苦しくなってきますな。って訳で発泡酒の出番です。スーパーのお酒コーナーで「麦とホップ」の黒を見かけたのでノーマル缶と一緒に購入。あー、よくある大手の黒ビール的味でした。ちょっと醤油を連想させるしょっぱさを感じさせて独特の香りがするアレでした。通常の発泡酒とビールはその差がわかる味だけど、黒はあまり飲まないせいか騙されそうな味でした。Dscn1849

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

古伊万里 前

Dscn1843 ひやおろしもいろいろ出そろってきたいつもの酒屋さんで定番以外に自分に合いそうなお酒ってあります?と聞いたら「古伊万里 前」を勧められました。いやぁ、これが美味いのだ。口当たりは水のようなスッキリ感を感じさせながら、フルーティな甘みがする飲みやすいお酒というのが私の「前」の印象です。フルーティな甘みならいろいろな酒で感じられますがこのスッキリとした口当たりとなんと表現したらいいのかな。他のお酒を桃にたとえたら「前」は梨のような感じでしょうか。いつもながら店長のチョイスは絶妙です。美味しいお酒と出会う一番の方法はお店の人に聞くのが一番ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

私の運転とCR-Zと季節変化

Crz2011year さて、CR-Zオーナーになって1年3ヶ月目。自分の運転の仕方はここ1年程でだいたいeco運転思想となりました。そこでここ1年くらいの燃費をグラフで見てみました。だいたいリッター18km~20kmの間でフラフラとしてますが、やはり気温と燃費の関係は大きいです。冬と夏の燃費の違いはグラフの波でよく解ります。夏はエアコン控えめですが、冬はどうしてもフロントウインドの霜融解や寒さ対策でエアコン使用度が上がります。もちろん気温の関係でエンジンの暖まり具合も変わるので、そのあたりがグラフの上下にしっかり出ています。特に気温が寒いとちょっとした距離の買い物でも車を使用してしまうなどの甘えが出るので燃費の変動に大きく影響してしまいます。2011年1月に一桁燃費を出した変動幅の広い月はかなり低くなっているのがその証拠でしょうか。比べて変動率の少なかった7月は総じて高い燃費をマークしています。休日などの遠出だけにしか使わないような乗り方をすればCR-Zの燃費もグンと伸びるのでしょうが、それだけではもったいない車ですよね。燃費も大事に乗りますけど、CR-Zは走れる車ですからねぇ。ecoでありながらオーナー志向のハバで走れる車で良かったと思う今日この頃です。ちなみにecoスコアって下降したことがないのだけれど誰か下降したことがあるのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

21世紀警備保障 広報3課 備品「ダイガード

イャッハー!
ひさしぶりのおもちゃネタです。初の製品化といってもいいのではないだろうか。地球防衛企業ダイ・ガードの主役メカのダイガードの超合金である。超合金魂とはちがった規格であるスーパーロボット超合金です。Dscn1833 Dscn1834
開けてみると充実の内容です。ドリルアーム、ネットアーム、ノットバスターとグレートノットバスターのコンパチセットと至れり尽くせりです。
Dscn1836 プロポーションの劇中のイメージに近いです。そして重い(笑)、往年の超合金を彷彿とさせる重さです。その重さの主たる部分は膝から下の脚部パーツです。何故にそれほど脚部のみ重く作られたかは付属のパーツを考えれば納得できます。ドリルアーム・ネットアームそしてダイガード自身よりも長いノットバスターを装着しても自立できるようにするには脚部を全体が支えられるほど重くすればいいのです。
Dscn1839 スパロボ超合金で驚いたのはその稼働域の広さです。ダイガートは脚部でしっかり支えられるためバランスさえとれれば、かなりヘンテコなポーズでも支えられます。
Dscn1838 ドリルアームは1本きりなので、ダブルドリラーの再現をするには2コ必要ということを除けばダイガードファンには納得の内容です。
Dscn1841 Dscn1842 顔も男前ですよ。そして、この、この、このパーツはもしかして振動地雷なんでしょうか?あとでDVDで確認せねばwktk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »