« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

ボディントンエール

Dscn1994 酒のやまやで仕入れてきたイギリスビールです。黒ビールのギネスのように缶の中にフローターでも入っているでしょうか?コロンコロンと軽い音がします。色は赤みがかった黄金色?琥珀でもいいのかな。泡のキメは極めて細かくクリーミーの表現に偽りなしです。缶のラベルにあるミツバチの絵よろしく甘いような香りがします。しかし、味は香りほど甘く無く、飲み口もスッキリとした感じです。エールビール独特の香しい香りもします。唯一日本のビール類との違いをいえば炭酸の刺激がまったくないことです。ですが、味わいは今まで飲んだエールビールの中では格別です。輸入業者の後貼ラベルには「本場のパブの味」と書いてありますが、なるほどこれぐらいハッキリとスタイルが違うとそんな気もしないではありません。1ml1\位の価格なので試しに買ってきた品ですが、冷蔵庫に何本か入れておきたいと思いました。じっくり沢山飲めそうなビールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

近場で充実の「酒のやまや」

銀河高原ビール取り扱いの酒販店を検索していたら見つかった「酒のやまや」。佐野店へ今日足を運んでみると、なんと豊富な酒類であろうか、ベルギーなどの海外ビールもさることながら日本のクラフトビール(地ビール)が他の酒販店と比べると充実している。エチゴビールが4種類、銀河高原もヴァイツェン、エールを含めた3種類、そして5年間熟成可能なボトルコンディションの多摩の恵があるではないですか。喜々として数本購入。賞味期限内にいろいろ楽しもうと思います。ヒャッホーイ!Dscn1993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってる?ようかいけむり

昭和世代なら知っているだろうと思いますが、先日、金谷酒店で見かけて懐かしく手にとってしまいました。
「ようかいけむり」シートについている薬剤を親指と人差し指つけてパチパチと付けたり離したりすると煙のようモノが発生するアレです。今のゲーム機とかでしか遊ばない子供にはきっと新鮮だろうなぁと思います。いつからこのような遊びがなくなってしまったのかなぁDscn1983

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

純米無濾過 雁木 生原酒

雁木2連投です。太平店長からは「ちょっと濃いめですよ」と言われましたが、とりあえず試してみますと押し切って購入しました。うむ。確かに発泡雁木を飲んだ印象が残っているから口に含んだときのドッシリとした味わいが印象的ですが、基本の味はかわらないような気がします。口に残る後味が発泡も無濾過生原酒も同じ感じがします。最近、自分の定番化し始めている雁木です。でも色々飲んでみたいという気もまだまだありますね、お酒って楽しいなー。Dscn1982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

ひさしぶりオモチャネタなど G2ガメラ

部屋の余裕もだんだん無くなってきたのでオモチャも買い控えしておりましたが、これだけは買わずにおられませんでした。Dscn1965 特撮リボルテックのG2ガメラ。愛嬌のある昭和ガメラやG1ガメラを怪獣らしくリファインしたデザインしたものですね。パッケージをあけてビックリです。いきなりG2の最終兵器状態でパックされてます。Dscn1968 ノーマルに戻すのに意外に手足がジャマになって交換しづらかったです。可動モデルではありますがガメラ自体あまり大きなアクションをする怪獣ではないのでポーズも自然と落ち着いてきます。しかし、男前な怪獣です。Dscn1975

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月20日 (金)

1年ぶりの雁木(発泡)

昨年よりはちょっと早めですが発泡雁木を開栓しました。あいかわらず涼しげな瓶色にさっぱりとした飲み口。美味しいです~♪吹き出させず開栓するのには時間もかかり実際にグラスに注ぐまでは5分くらい掛かってしまいますが、立上る泡で透明な酒が半透明な色に濁っていく様を眺めるのもこのお酒の楽しみのひとつですね。スクリューキャップじゃない一升瓶では吹き出させる覚悟が必要でしょうね。それも一つの楽しみ方だなとDscn1981

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

サンクトガーレン インペリアルチョコスタウト

サンクトガーレン ImperialChocoStout
お試しサンクトガーレンの最後はインペリアルチョコスタウトです。黒ビール的な濃さでホップとは違ったチョコレート的なホロ苦さが特徴的です。ほかのサンクトガーレンのラインナップと違って2年間の長期保存に耐えられる長期熟成なビールらしいです。他に長期熟成地ビールというと自分が知っているのでは「多摩の恵」があったりしますねコチラは5年とか凄い年数ですが…。インペリチョコはチョコビールという枠を取り払って考えても美味しいと思います。じっくりビール飲みたい派にはおすすめですね。Dscn1980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

うわぁマジかー N005

さて、もPROと間違って買ってしまったN005ですが、意外な事を発見しました。というかもう既出な情報かもしれませんが、パッケージにはMacのOS9以降とか記載されているにもかかわらず、会社で使用しているMAC-miniに挿してみると読み出ししか出来ません。Adatan005mac ADATAのホームページでスペックを見てみるとどうやらMacやLinaxで使用するにはそれ用にフォーマットしろ的な文章が…。Adatasite Trance アップスペックのPROではそのような注意書きもないのでどうやらN005ノーマル品のみの用です。ちょっとガッカリ的な内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

サンクトガーレン ブラウンポーターとアンバー

ひきつづき、感想なぞ…
サンクトガーレン BROWN PORTER
色は濃い焦げ茶。おっ。これは前の2本と違って苦みはさほど強くありません。よく焙煎した麦でしょうか?独特の風味がします。大手の黒ビールはこれが醤油のような味になってしまっているんですよね。喉をチリチリ焼くような感じはアルコール度は若干強めな感じを伺わせます。現時点でのベスト地ビール黒の座はプレストンエールかなぁ。Dscn1973
サンクトガーレン AMBER ALE
色はその名の通り琥珀色熟成したウイスキーやブランデーを連想させます。泡立ちはクリーミーで華やかな香りがします。自分が好みのエールビールのイメージです。苦みの他にいろいろとした味わいが感じられます。4本のラインナップを飲んでみてそのすべてに「味わって飲んでくれ」というメッセージが感じられるビールでした。最後はチョコビールの感想を残すのみ。Dscn1974


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンクトガーレン ゴールデンとペール

さて、小山まで出掛けてかったサンクトガーレンの感想でも書きましょう
サンクトガーレン GOLDEN ALE
色は深い金色。細やかな泡立ちに個性的な苦みが走ります。その苦みは口の中にしばらく余韻として残り、軽めのビールばかり飲んでいるとクセが強いと思ってしまうほどの余韻です。ガブガブ飲むようなビールではなくジョッキを片手に小一時間はつまみを挟みながら飲むといいような味わいです。ビールの原点的な味という印象です。
Dscn1969
サンクトガーレン PALE ALE
色は少し琥珀掛かった色合い。やはり細やかな泡立ち。サンクトガーレンのビールは全体的に泡立ちが非常に良い。その泡も軽くソフトな口当たりだ。ペールエール独特の華やかな香りもするが飲んだ時はポップの苦みが立ちすぎて香りはあまり印象としては残らない。ここまで2つのサンクトガーレンのビールを飲んでみたが、味わいのベースはハッキリと前面に出てくる苦みとドッシリとした飲み口にあるようだ。味わいのバリエーションを求めると少し単調な感じもしてしまうが、この味わいを求める人には好きなブランドとして安定した味を提供する安心できるスタイルと云える。クラフトビール(地ビール)らしく飲んだ満足感を味わえるビールですねサンクトガーレンは。
Dscn1970


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

これがPROとの違いなのか

4/1に買い出しに行った秋葉原で購入したADATA N005の16GB版がPCデポで現品限り\2,170であったので買ってみたら、秋葉原購入品はN005 PROという商品で今回買ったのとは異なることに家で気がつきました。すっかり同様の品と思って買ってしまいました。Dscn1972 やはりPROの方が転送速度が早いですね。これがPROということなのか…。まぁ、USB3.0の16GBではお安いと思うので損はしてないと思います。ちょっと紛らわしかったかなwUsb3_adata_n005 Usb3_adata_n00516

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

数値はあくまでも参考ね

USB3.0のフラッシュメモリ。いままで手元にあったのはバッファローの8GBだけでしたが、高速転送が可能になると沢山のデータを持ち歩きたくなるものですね。ならば更に早く大きいモノが欲しくなるものです。そんなわけでプラチナ電源購入のついでに買ってしまいました32GBのフラッシュメモリを。ADATA N005はREAD180MB/s、BUFFALO RUF3はREAD 60MB/sと書かれてますが実測すると意外に違うモノです。Usb3_buffalo_ruff3 Usb3_adata_n005 数値はあくまで参考にしかならないのだが、でもN005はデカイなぁDscn1957

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンクトガーレン求めて東へ

ここしばらくクラフトビール(地ビール)を買いに行くことも出来ずなかなか新しい味との出会いもありませんでしたが、小山市にサンクトガーレンを取り扱っている「西屋酒店」へと行く気が突然高まったので行ってきました西屋酒店へ。国道50号バイパスをひたすら東に34km、およそ1時間の道のり。閉店1時間前に滑り込みました。
Nisiya 気になっていたサンクトガーレンを各種GET! 感想は後日ということで…Dscn1962_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

ランクインまであと一歩だったorz

CR-Z純正インターナビのECO情報のランキング。なかなかランクインするのは日常乗っているだけでは50位に入る事さえ難しいかなと思っていたのですが、昨日は東京ビックサイトまで出掛ける用事もあり、東北高速道をのんびりとECO走行して行きました。22.xkmほど燃費もいっているのでもしかしたらと期待を抱いてみましたがあと一歩のところまででした。結構気を使って走ったのになぁorz
このあとは新しいスコアを出すかズルズルと落ちていくのみか。いつかランクインして見たいですCrz20120404


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

CPUクーラーPANTHER

オーバークロックはしていないものの使っていると意外にファンの音が大きくなっているAMDのリテールクーラー。電源購入と同時に放出品だったCPUクーラーPANTHERを購入したので、Phenom2×6 1090Tのリテールと交換してみることにしました。PCケースはLanCoolのPC-K62Rだったので今回はマザボを外さなくても設置することが出来ました。Dscn1553 Dscn1959 しかし、この手の後付けのCPUクーラーは一旦つけるとリテールクーラーほど気軽にCPU交換が出来なくなる位のガッチリ設置を余儀なくされるのはその重さゆえ、しかたがないことなのでしょうかねえ。K62Rは中身が見えるケースだからPANTHERの赤LEDファンが映えます。Dscn1961 交換しての効果はASUSのPC ProbeⅡでCPUの温度、ファンの回転を見てみるとかなり効果があったようです。これで\2,980は安かったと満足しています。 Cpufan_vs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

プラチナ電源へ移行

福島原発の現場が必死で収束にむけてがんばっているであろうに、経営陣は企業努力もせず値上げへと踏み切った東京電力。震災当時は現場を応援した私でしたが、総括原価方式や電力業界の独占的な立場には苛立ちを感じにはいられません。現在の法的な立場ではあまりに無力な一般市民の私には電力使用の無駄を抑えるしか方法はないと感じたので、プラチナ電源購入に踏み切りました。なるべく価格を抑えて購入したいために秋葉原に買い出しに。いま、プラチナ電源最安といえば玄人志向のKRPW-PT500W/92+と600W/92+でおよそ1万円ほどなのですが、この日の私には風が吹いてましたよ。
Dscn1949 ソフマッpでサイズのエナジアプラチナ ENERGIA-P-550Aが\7,980で売っているではありませんか。CPUクーラーのコーナーではPROLIMA TECH PANTHERが\2,980で大放出。一緒に購入してきました。どちらも通常価格よりかなりお安く購入出来たのでうれしい限りです。Dscn1951 Dscn1953
早速消費電力節約のため電源交換をしました。FX8120を積んでいるLianLiケースには2008年に購入したパワグリ500ががんばってくれていましたが、これをプラチナ電源に換装します。コード類がいろとりどりでゴチャっとにぎやかだったケース内もメッシュコードでまとまった今ではかなりスッキリした感じになりました。Dscn1904 Dscn1955 プラグインだったらもっとすっきりするのだろうけど1万円以下プラチナ電源では無理な相談です。電源自体はかなり静かな感じでしょうか。むしろ旧式のケースファンのほうが音がするので判断つきません。が次の電気代でどれほど効果が出たか楽しみです。とはいってもメインマシンは80+シルバー、SilverStoneのXPマシンなので部屋全体の消費電力でどれほど貢献できたのかって程度ですけどね。CPUクーラーのPANTHEに関してはまた後日にでも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »