« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

箱根ビール[足柄ヴァイツエン]

Dscn2049
ヴァイツェンといったら小麦のビール。ラベルには「バナナのような香り」的な文章があります。なるほど言われればバナナのような気もします。アレ?何か飲み慣れた味わいのような~。あ、銀河高原がこんな感じだわ。ですが、炭酸の刺激の具合は、箱根の方が細かく、味わいも軽やかです。ただ、あまりに炭酸が細やかすぎて後から足したのではないかと思ってしまうほどです。以外とビールの炭酸は荒い感じが多いのでそんな気がしました。うまいけど経済的にはやはり厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

熱海帰りのお土産

Img316
ちょっとした用事で日曜日に熱海まで運転手をしてきました。帰りのお土産を買うのにかまぼこで有名らしい鈴廣の土産店に寄りました。そこで地ビールの箱根ビールを発見。とりあえず3本セットをゲットしました。しかしお高いT_T。1mlで1円と言われる地ビール相場を遥かに上回る330mlで500円を超します。味確認以外では買えません。こんなの価格を愛飲さしいていたら財布が干からびてしまいます。それとも元々お土産飲料という設定なのでしょうか?誰かこの価格の理由を知っていたら教えてくだされ~。それぞれの味に関してはこれからポツポツと書いてきます。Dscn2048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

やばい!!なめこがとまんねぇ

中華パッドVi10を購入してからアンドロイドで遊べるゲームを探していたら、キャラだけは知っていたなめこの栽培ゲームがあったのでインストールしました。無料なのもイイね。で、このゲーム...やばいですw適度な時間を設定して遊べる手軽さ、言い表し様のないユル感がたまりません。なめこエサの時間設定が絶妙なんだろうなぁ、時折仕事の合間に収穫して癒されてます。うわ、なめことまんねぇス
Unnamed_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

androidパッドを弄ってみて

Dscn2047
中華Padを購入して1週間ほどでしょうか、いろいろ弄ってみてW-zero3ESと比べてみて、ハードウェア的な進歩以外はESの使いやすさには敵わず、ESが優れた機械であったということを再認識しました。メディアプレイヤーやwifi接続でのWeb閲覧、アプリケーションの豊富さでは確かに現在アンドロイドの独壇場なのでしょうが、DocToGOなどのOFFICE系のアプリはESに組み込まれていたOFFICEモバイルには使い勝手は遠く及びませんでした。ハードウェア的には劣るESでも複数ファィルを開いてそれぞれのファイル間でコピー&ペーストが可能であるのに対してDocToGOはファイル間のコピー&ペーストが出来ないことなど、もともとのWindows環境との親和性の高いWinモバイルのソフトウェアの優位性を覆し切れない感じがしました。ハードの進化もさることながらソフトと使っている人の関係もスマートフォンのような身につける多機能機械には重要なのだなと思いました。あと、ハードのキーボード重要だよ。なんで今時のスマホはキーボードを排除していったんだろうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

Cali[カリ]

Dscn2045
ノンアルコールビール商品の陳列棚に見慣れない品をみつけました。Caliというフィリピンの飲み物です。店頭POPにはパインの香りがすると書かれています。気になって一本購入。自宅で飲んでみると…甘いっ。改めてラベルを見ると原材料●麦芽、ホップ、砂糖、米・・・砂糖?まぁ、昔の日本のビールだってコーンスターチとか使って多様な気がするからありか。と冷静になってみると、これは日本人のいうノンアルコールビールではなくジュースという結論になりました。ビールのような風味のパインジュースと考えて飲めばかなり美味しいのです。ビールがダメな女性でもいけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

巷で中華padと言われているらしい

willcomユーザーな私はいまだにW-zero3ESを愛用している時代遅れな人物です。windowsモバイルを使っているものだから最近のスマートフォンのOSであるAndroidもよく知らない状態です。とはいえ、まったく知らないのもなんかこの先いけないような気がして、買ってしまいました。Vi10精英版。Dscn2041

巷で中華padとか言われているようですが。ご近所のPC-DEPOTなどでも1万円を下回るアンドロパッドもあるのですが、amazonなどでもより低価格で日本語化されていて充実性能のpadがあるならこれでイイじゃないと買ってみたわけです。Dscn2042

まあ、実用までいたらなくても惜しくない金額だったのが購入の最大の要因ですね。そして、呼び水となったのが壊れたルーターの買い換えによる無線LAN環境化という。まさにいろんな要因の結果の購入となったわけです。で、もってスマートフォンと違って屋外のどこでもweb閲覧とかいう便利さはありませんが、出先でネットサーフィンしまくる生活パターンではないので、自分的にはそこそこお安くいい買い物が出来たと思ってます。そして、今回もVi10の導入までいろいろ巡回したサイトのVi10ユーザー様たちの記事に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

その名は十五代 九郎右衛門

Dscn2035


とろりとした舌触りにがっしりとした厚みのある味わいです。若干甘めな感じがしますが、このところビールや発泡酒ばかり飲んでいたせいでしょうか、久しぶりに一口ごとに味わうお酒を呑んでる気がします。金谷酒店の店長から私向きとおすすめいただきましたが、なるほど。比較的わたし好みの味です。意外に目を引いたのが裏ラベルの「きょうかい酵母」の文字。ここまで「きょうかい酵母」を謳ったお酒を呑んだのは初めてかも知れない。そういえば、しっかり冷蔵庫で冷えているはずのお酒が、マッタリ感が強くて冷えてる感がしませんでした。お酒ってこう言う舌触り感がモノによって異なるから面白いですね。この頃、日没後もやや涼しくなってきて、だんだんお酒が美味しい季節がやってきますね。
十六代は女性の杜氏さんだとか、楽しみしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

R7970とwindows7_64bitとCCCのアスペクト比固定に関して

Win7マシンのグラボをMSI R6770twinfrozaからMSI R7970-2pmd3gd5 v2に変えたのですがモニターをDP接続のDELL U2711の他にLG D2342をHDMIで接続してみると、4:3のエロゲー等のフルスクリーン表示が16:9の画面に引き延ばされてアスペクト比がおかしなことになってしまう現象が起こってしまいました。Aspe16_9

Aspepccc

R6770の時にもこの現象は起こったのですが、winのディスプレイの解像度とCCCのGPUスケーりングの有効設定の縦横費の保持で解決していたのですが、R7970に変えた今回はCCCの設定を変えてもアスペクト比は保持されなかったのです。どうにも困って、いろいろ検索していると、サイト名「とろてく」さまの(Radeon Catalystの設定でアスペクト比固定ができない時の対処(Windows7 64bit))でレジストリエディタでScaling値を直接いじってしまう方法を発見。記事の手順に従ってレジストリ値をいじってみると、なんということでしょうw いままでCCCで設定できなかったアスペクト比がしっかり固定されているではありませんか。Aspe4_3

今回も先駆ける先人達の知恵に感謝する私なのでありました。

追記:私の環境ではモニター接続はDVIでこのアスペクト比設定が有効でした。なぜかディスプレイポートでは画面フルに引き延ばされる現象が改善できませんでした。まぁいずれ4:3の比率も少なくなっていくのでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »