« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月21日 (木)

Novo7 venus Lite充電のコト

さて、Novo7 venus Liteをいじくり始めて2週間ほど。アプリを入れ始めてプリインストールのランチャーが異常終了頻発するのでHoloランチャーをインストすることで沈静化しました。Screenshot_20130208153023_2
が日々使う中でこれだけはなんとかしなくては思ったのが充電アダプターです。それ用に尼ゾンで購入したのがELPA AC DCマルチアダプター。Dscn2095もともと付属しいてたアダプターより若干非力ですがNovo7 venus Liteに付属していたアダプターよりは良いだろうと思ってます。Dscn2096
なにしろごらんの通り以上に突き出た電極にさらに日本向けのコンセント口を更に差して使うという、見るからに何時かヤバいコトになりそうな気しかしないモノをずっとコンセントに差しとくのは本意では無いのでそうそうに購入しました。Dscn2097
アダプター自体も小さくなって集中コンセントにも優しいのは有り難いです。microUSBでも充電出来るけどやっぱりそこは無駄に酷使したくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

ショコラビベーレ

Dscn2093
ハッピーメリーバレンタインこんばんわ。チョコレートが無ければビールを飲めばいいじゃないw
というわけで、この時期にしか飲めないビールを飲みましょう!!チョコビールですよ。まぁ、苦みや爽やかさが優先される日本のビール事情の中ではこの季節以外に日の目を見ないちょっと不憫なアイツです。ほんのりと甘い香りとほろ苦い味わいでチョコレート感満喫ながらビールらしさを失わないバランスです。そういえばカカオ70%くらいのチョコを食べたことがあるけど苦みが強くて微妙な感じでしたけど、その苦みとビールの苦みって合わさるとそんなに違和感ないかも知れませんね。むしろビールの発泡のおかげでカカオのチョコよりも摂取しやすいかも知れませんね。ショコラビベーレはエチゴビールさんの限定醸造品のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

Ainol Novo7 venus Lite が届きましたー

中華padのONDA Vi10を昨年から使っていたわけですが、ちょっと具合の悪いUSB→miniUSB変換コネクタを差したらVi10のminiUSBコネクタが壊れてしまいました。ONDA Vi10はminiUSBの端子が充電端子も兼ねているのである意味padの生命線です。が、端子のみを新しい物に交換すれば復活するのではと思いいろいろ調べてみるとなんとかなりそうでした。が、私にはハンダ付けのスキルなんて無い-。頼み綱は友人S。いつもいつも申し訳ないと思いつつ修理をお願いしました。いろいろ調べてくれた友人Sのお陰で新しいminiUSB端子が付いたVi10は復帰してくれた訳ですが、ハタと思いました。UBS端子を酷使する可能性があるなら充電は別にDC端子とかを持ってるほうが良いのでは?と。
デュアルコアのPadが主流となってきている昨今の状況に物欲が刺激されて買ってしまいました「Ainol Novo7 venus」。クアッドコアの中華Padです。見た目はNexus7に似ています。まあ、またもや安物買いなのですが、なにかと生活に刺激がある方がいいかとこじつけ的な理由もつけて尼ゾンで購入。販売者はHD DESIGNと言うところ。荷物の発送状況から中国から空輸でやってくるみたいです。Nr0010104
2/5に商品が手元にきました。ガッチリ梱包でいかにもな感じです。箱を開けるとvenusと充電器とナニ?Nr0010105
Nr0010106
ええっこれで充電するのに差し口変換ですか…こんなスカスカなので。しかもよく見れば差し口金具が差し替えられる構造なのに、わざわざ別の差し口が付いてくる。Nr0010107
まぁこんなところも中華クォリティなのでしょうか。充電器はそのうち具合の良いものに買えるとして。ちょっと良さそうなパッケージを紐解きvenusとご対面。Nr0010108
なかなか良さそうです。今回はNovo7venusを買うに当たりいろいろと事前に調査しました。webでNobo7venusについて調べたりしました。ONDA Vi10で鬼門になったUSBの端子の基盤へのつき具合もすでに既出の[殻割]画像などて確認したりとハード面では事前に調べての購入です。不明なのはソフト面でした。Nr0010109
届いた状態では中国語ですが、設定画面で日本語選択すればフォントは日本語に置き換わりました。アプリもそれなりに入っています。思ったよりも中華ソフトが入っていないのは意外でした。google playも対応済、見ればsuperuserまで入っています。中華Padだとシステムアプリとして中華アプリが入っていたりするのですがHD DESIGNさんの出荷してくれたNovo7venusは私にとって素直な素性の状態でした。
Ndscn2083
ちょっと見た目もくたびれてきたVi10と交代なるのかちょっと悩みどころたのです。液晶の発色やCPU、GPUで4コアとゆう性能を持ちながらも、初めての中華padなので日本語化などの設定が詰められていたBPRetailさんの出荷してくれたONDA Vi10はシングルコアながらGPSやBluetoothを要している使いやすい一品です。Novo7venusを使い始めて感じたことは、速いけどOSにソフトの熟成が追いついてきてない感じでしょうか。
OSのandroidに関しては全くの素人の私です、4.0.3と4.1.1の違いがどんなものか知りませんので。いままで使っていたアプリがNovo7venusに入らないモノがあったので何かと使い勝手がVi10とは違ってきたことがちょっと予想外でした。とくに画像データ等をPCからPadに移すときはAirdroidというアプリを使っていたのですが、Vi10では外差しSDにも転送可能だったものが、venusでは内臓SDまでしか転送できず、ファイルマネージャー等で外差しSDに移し直す手間が発生。しかもVi10で使い慣れてしまったNEC CASIO製のファイルマネージャーはvenusにはインスコ出来なくて別のファイルマネージャーに慣れ直さなくてはいけない状態に。
外差しSDと言えば、Vi10はPushイジェクトのmicroSDがvenusでは単にmicroSDを差してるだけという簡素仕様になってしまいました。Ndscn2084
困ったことにNovo7venusのmicroSDはスロットに埋まってしまうと取り出せなくなる始末になってしまいます。とりあえず抜くことはほぼ無いのですが、もしもの時用にセロテープで抜差用のベロを作って凌ぎます。遊んでいたアプリ等はとりあえずもう一度最初から楽しむとしてONDA Vi10を保険にしばらくNovo7venusを使ってみようと思います。
あ、背面カメラはホントにおまけ程度の品です。コンデジと比べると悲しいくらいの機能です。Novo7_venus
Nikon_s510
Richo_px
でも4コアの恩恵が絶大なのはwebブラウザでサクサク動くことかな。
とりあえずAinol Novo7 venus  liteを弄っての感想です

2013.5.9追記:後になって気づいたコトですが、microSDはちゃんとプッシュイジェクトタイプでした。購入当初から奥位置になっていたため気が付かなかったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »