« ハイブリットカーも形無しでした | トップページ | ベッカーズ・ピルス »

2014年3月17日 (月)

ZERO3es→WX04SH AQUOS phone es へ

Es_to_es そろそろZERO3esも日常使っていてスマホと呼ぶのは厳しい状態になってきました。電話としては料金もお得な価格で良かったのですが、有線のイヤホンとか、webで検索するには遅すぎるCPUとかもろもろの原因で思い切ってWX04SHのAQUOSphoneに機種変えすることにしました。ハードウェアのキーボードは文字入力に便利で良かったのですが時代の流れには逆らえません。このハードキーの良さだけでesのSIMジャケットを4台使いつぶして、更に予備の未使用機種まで保持してましたがすべて投げ打って機種変更です。機種変更してからフト思いましたが、以前は端末にトラブルがあってもW-SIMを引っこ抜いて他のジャケットに入れ替えるだけで電話が使えるという便利な思想設計だったのになぁと今更ながらに残念に思いました。この機能で救われた事2回は貴重な経験でしたよ。さて、今回のスマホであるWX04SHはPHSメールの@..pdx.ne.jpが使える機種であった事とPHSのwifiテザが出来ることなど、ソフ番にとり込まれる前からのウィルコム使いにはほぼ一択で選択肢が無い機種なので移行したという経路です。発売当初ではpdx.ne.jpのアドレスに関しては近くのウィルコムプラザでも出来ることをハッキリ言わなかったりと、情報として不明瞭な点が多かったり、パケット定額の価格設定がネックで二の足を踏んでましたが、もうそうは言ってられない時代になってしまいました。この機種もどのくらいで時代遅れになるかという不安もありますが、とりあえず現代機種なりましたよ。
機種変に際して一番困った事が電話帳の移行が出来なかった事です。ウィルコムプラザから渡されたWX04SHには機種変更中にも3件電話が入ったとのことですが、履歴を見ても電話番号だけで誰からの電話がまったく判りません。もしやと思って店員さんに聞いてみると電話帳の移行は出来ていないとのことでした。店員さんによると赤外線で移行するするつもりだったらしいのですが、ZERO3esは赤外線ポートなんて持ってません。結局、白アドレスで渡されました。しかたなくあの膨大な顧客電話を全部入力するつもりでしたが、ここでも友人Sの言葉が私に光明をもたらします。「アドエスの赤外線通信で移行すればいいじゃない」目からウロコの言葉でした。自分には使いつぶしたesのほかにアドエスの端末があったのです。そこでPMBACKUPというソフトでesの電話帳をアドエスに復元。アドエスの赤外線通信でWX04SHに送信再現とい手順となったのですが、なぜか全件送信が何度やっても失敗してしまい、1件1件送信するはめにorz...しかし、全件再入力に比べればはるかに早い移行でした。まあ、期せずして顧客情報を整理するということも出来たので良しと思ってます。
これからいろいろと確認していかなければ行けない事がいっぱいですが、少しは便利になればいいなぁと思ってます。
あ、留守番電話サービスは3G回線で繋がなくてはならないのはいかがなものでしょうかねぇ、そこかしこにソフ番の影響があるのは仕方がないのですかねぇ...
Wx04sh_pake なにやらパッケージがCOWONに似てるなぁw

|

« ハイブリットカーも形無しでした | トップページ | ベッカーズ・ピルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116306/59310311

この記事へのトラックバック一覧です: ZERO3es→WX04SH AQUOS phone es へ:

« ハイブリットカーも形無しでした | トップページ | ベッカーズ・ピルス »