アニメ・コミック

2015年6月13日 (土)

ようやくワーナー、RWBY日本語吹替版の続報

Rwby_j_n アキバ総研さんでRWBY日本語吹替版の続報を見る。ルビー役・早見沙織さん、ワイス役・日笠陽子さん、ブレイク役・嶋村侑さん、ヤン役・小清水亜美さんという配役のようである。プロ声優さんの起用で高いクオリティを期待出来る反面、すでに非公式日本語版でのイメージが先行しているのでこれを覆せる出来上がりを期待したい。日本語版用のキャライメージビジュアルも公開されたが、これに関してはただカワイイだけの絵としてしか見れなかった。RWBYトレイラーで見られた4人のキャラの影の部分が伺えなかったので今後の日本語吹替版の続報を待ちたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

Monty Oum氏が

Goodbay_mo RWBYの生みの親であるMonty Oum氏が死去されました。昨年にその存在を知ってぐいぐいと引き寄せられていったRWBYの世界、日本での展開もこれからなのに残念でありません。心から「ありがとう、あなたの生み出した作品は面白かった。」と言わせて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

RWBYのDVD買ってしもたー

Rwby_dvd_2 なにげにyoutubeで見かけた「"RWBY" Japanese Trailer 日本語吹替版(非公式) 予告編」が なんとなくハマってしまいました。いろいろググッてツベ徘徊して、いろいろ見ているうちに、つい勢いで尼ゾンでRWBYのDVDをポチッてしまいましたよ。BDもDVD対して価格に差は無かったのですが、自分はブルーレイのプレイヤーなんか持ってないので、DVDにしたのですが、今ならBDで買っておいてPCのドライブをBDプレイ可能なモノに買い換えればよかったなどと思ってしまいました。今週末からニコニコとyoutubeで日本語吹替版(非公式)が配信されるらしいので楽しみです。R_red W_white_2B_black Y_yellow なんせDVDは輸入品なので字幕もないから英語が出来ない自分には細かい内容がよく解らないという状態なのです。でも、とっかかりだった日本語吹替予告の編集の良さは上手いなと思いました。シーンを入れ替えて見るだけで台詞の意味合いが変わって聞こえるのは、もうヤラレタって感じでした。特にルビーの"sorry(ごめんなさい)"という所の使い方は予告の方が面白かったくらいでした。外国アニメですが、今時の技術と日本人も抵抗なく入れそうな感じの作りは結構好みでした。 Banzaiii

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

the Best DVDでSHOW TIME!!

Dscn1275 アマから届きました。EMOTION the Best DVD-BOX THEビッグオー。以前発売されている同じ内容のINTERNATIONAL-BOXのおよそ半額程の価格で発売ということで買ってしまいました。カトゥーンネットワーク放送の英語音声をコレによって初めて聞きましたが、英語の吹き替え声優さん達の声のトーンをオリジナルになるべく近づけようと頑張っているような感じはとても嬉しい作りになっていました。インターショ版から解っていたコトですが、海外放送版では1期2期のOPが新曲で差し替えられているのは真に残念でした。1期のフラッシュゴードンっぽい「BIG-O!」や2期の謎の円盤UFOっぽい「RESPECT」とか、いかにも洒落であるOPは当時リアルタイムで見ていた自分には馴染み深いモノだったのだが…。とりあえず、DVD1枚に4~5話ほど収録されていていちいちディスクを入れ替えず視聴できるのは嬉しい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

呼ばれた気がした

週末のある日に家賃を納めにいった帰りにブッ○オフに立ち寄ってみた。そのお店は意外に自分の探している品がポッツリと置いてあったりする相性の良いお店だったりするのです。そして今回も呼ばれるようにフラフラと訪れると見つけてしまいましたよ「クラウ ファントムメモリー」DVD全巻セット。2年ほど前に高崎ワングーで見かけたときは9800円くらいだったのですが今回は5400円。もう速攻確保で買いましたよ。まぁ、華やかな作品ではないのですか、最近の殺伐としたりとかエロスエッセンス満載の作品と違ってある意味良質の作品であると私は思っています。あ~、今月はEmotion the Best版のビッグオーDVDの購入を予定していたのに意外な出費でちょっと財布が涼しくなってます。が後悔なんてしてませんよ。ええしてませんともw
Dscn1261


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

2008年9月の収穫本~

Dscn0747_2 もうすでに4巻まで発売されていますが、いまさらながら「うさぎドロップ」にやられてしまいました。単行本の発刊当初から気にはなりつつも買い控えていたのですが、1巻を買って読んだその日のうちに4巻全巻を揃える位のハマりっぷりでした。6歳の女の子と30男のふたり暮らしのお話ですが、設定もさることながらそこに描かれている人物たちの魅力的なこと。連載されているのは女性雑誌のようですが、ぜひ単行本は男の人にも読んでもらいたいお話です。大きく世界を見れば目を反らしたくなるような出来事や失望したくなるようなコトが多いですけど、目の前の出来事に目を向ければひとつひとつを出来事を乗り越えると明日をがんばろうという小さな幸せがある。悲観するより前向き気分にさせてくれるマンガです。

で、本日の収穫は「ジャバウォッキー6」、「宙のまにまに5」「勇牛―洞爺湖サミット編」の3冊です。久正人先生の「ジャバウォッキー」は回を重ねるごとに個性的な作風の磨きがかかってます。「グレテフルデッド」のころから注目していたのですがスタイリッシュさが洗練されてきてますね。ちょっと省略しすぎかなと思わないでもないですけど
Dscn0749_2

Dscn0750 そして岩永亮太郎先生の「パンプキンシザーズ」も10巻に到達ですね。表紙のタイトル文字も一新して平積みされている本を一瞬見逃してしまいましたよ。生き方を描く本格的ストーリーにありがちな話の進展とともに中だるみしてしまいそうなひと段落の合間を新キャラクターを入れた主要キャラの過去を紐解くストーリー展開で見事に引き締めてくれてます。いったいどこまで基本の設定がされてるのか感心してしまいます。まだ、隠れた設定が沢山ありそうです。まだまだ楽しめそうな「3課」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

大家族マンガ?

1日のようすを1巻で描き出す。ちょっと斬新な1冊。
大井正和さんの新刊「今日から桜田ファミリア」がイイ味だしてますね。まんがタイムジャンボを読んで追っかけてる訳ではないので単行本で初めて読んだわけですが、このマンガは単行本で初めてその面白さが伝わると思いました。
Dscn0657

その他の買い物は…かんなぎと脳内でごっちゃになってしまった「つぐもも」
と、ハナハル本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

麗しきかな昭和女性像

ちょっとおすすめの2冊です。「やえかのカルテ」でおなじみの武田日向さんの「異国迷路のクロワーゼ」1巻。どうしてこの人の主人公キャラは殺人的にかわいいのでしょうねぇ。毒気も抜かれてしまうその純真さには時々汚れている自分を気づかされかつ癒されますよ。もう1冊はアサミ・マートさんの「木造迷宮」です。まるっきり昭和も初期から中期にかけたかの様な世界観とメイドではなくて女中という主人公。平成生まれの人たちには実感出来ないであろうと思われる人間像が中年の心をくすぐりますよ。どちらの作品にも慎み深かった昭和期女性の心づかいが描かれていてイイ本でした。

Dscn0473

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

知ってる?

夢幻戦士ヴァリス
ふと本屋で懐かしい絵を見かけて買ってしまいました。ヴァルキリーコミックで連載してたんですねぇ。
知ってる人は知っているMS-DOSが全盛だったPC時代の美少女ゲーム(エロゲではない)の魁的作品だったと思います。おそらく30歳代後半位から上の方はご存知なんだろうと思いますが…なぜか美少女にビキニ鎧アーマーといういでたちを強力に記憶しています。
赤ビキニはコンシューマーでSNKのアテナとか記号的に私の脳に記憶されてます。
ちょっと今回は年代的ネタで
Img220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

あぁあ~21世紀っ警備~

いんや、ずっと前から買っていた「地球防衛企業ダイガード」のDVDがやっと揃いました。新品で買っていましたが途中で資金繰りピンチで中古買いに変更したのですけど、中古品もなかなか見つからない始末。アキバでも見つからなかった品が。昨日、いつもと違う本OFFに行ったらちょうど買い逃した6本分を含めて置いてあるではあーりませんか。ここで買いはぐったらもう揃えられないと思い購入しましたよ。お値段もリーズナブル1万円以内で収まってホクホクです。Img195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧